サービスについて把握しよう

ビデオ通話をしている男性

インターネット事情の中でも特に大きな人気呼んでいるEC。
そのECに迫り寄るリスクのチャージバックを回避するためには適切に対策を行う必要があります。
この対策を行わなければチャージバックは発生し放題で瞬く間に、EC事業がダメになってしまうこともあります。
もちろん、EC事業だけではなく他の事業を行っている場合には、その事業までダメになってしまう可能性もあるのです。
そもそも、チャージバックとはクレジットカードの不正利用によって発生するものですから、自分のECサイトでチャージバックが発生したという事が知れ渡ってしまえば利用者として、なんとなくクレジットカードを利用しての決済に不安を持ってしまうでしょう。
その上、会社自体の信用を大きく失ってしまう事になるので、非常に大きな痛手となるわけです。
信用は失う時は一瞬ですが、再び信用を得ようと思った時には、非常に長い時間と大きな努力が必要になります。
その時間や努力を積み重ねることが出来るほどの地盤がある場合には、チャージバックの痛手を乗り越えるという事も可能ですが、そうでない場合には再び立ち上がることなく、会社は倒産。というようなことになってしまうケースも。

だからこそ、チャージバックプロテクションと呼ばれるイーディフェンダーズのサービスを活用するのです。
このイーディフェンダーズのサービスでは、チャージバック発生時に保証をしてもらうことが出来るようになるため、金銭面での痛手を最小限に抑えることが出来るようになっています。